活動紹介

「一本の木から紙を創ろう」のフレーズに多くの子供たちは、関心を寄せます。彼らの知る「木」は大小を問わず立体形です。「紙」は平面形です。2つのイメージの距離を埋めるのに??

この距離を自分の手で『紙』ができるプロセスを体験することによって満足感を獲得していく様子がわかります。美術工芸紙工房のスタッフはこのプロセスを体験してたW/S参加者に、日本の伝統工芸の中にあるモノづくりの知恵と「オリジナルの紙」を手にする愉しさを広めたいと考えています。

 2018年 1月  シドニーより小学生、高校生、その父兄17名が当アトリエに来訪W/S実施

 2018年6月  瀬戸市立八幡小学校クラブ活動に「一本の木から紙を創ろうW/S」をスタート

         しました。

    2018年8月  瀬戸市立八幡小学校「学童保育」の40名の児童にW/Sを実施。

  2018年8月  岐阜県但見修道院菜園に招来知的障碍者の施設でのペーパークラフト活動発 

         足のために「楮の苗木12本」を移植。

  2018年10月  愛知県立天白高校の「工芸体験」のエントリー決定

                         2019年2月実施予定。

 

 ハードペーパーのご紹介

 地球環境の保全が見直されている今、多くの分野で「自然素材」が採用されています。

 一般社団法人 美術工芸紙工房では最も素朴な製法で『紙」づくり活動を大切にしています。

 厳冬期に可能な限りの自然製法で無添加・無漂白・で衝撃吸収のための「ハードペーパー」の

 ご注文に対応する制作風景をご紹介いたします。